田舎暮らしの不動産情報を紹介していました

 会社を退職してからは、田舎暮らしをしたいと思って、ネットでいろいろ探していたところ、ある不動産会社のサイトで、田舎暮らしの不動産情報を紹介していたサイトがありました。

その不動産会社のサイトを見てみると、注目の不動産物件情報を紹介していましたが、その中に新築の再生古民家がありました。

その物件の概要は、首都圏から近く、自然環境豊かで、周辺には桃畑などもあり、「田舎暮らし」ができるということでした。

また、お奨めのポイントは、古民家材を使った再生住宅ということで、梁や、大黒柱、薪ストーブなど、新築の建物ながら古民家の魅力を備えているということでした。

また、広い20帖ほどの板の間には「囲炉裏」もあり、板の間の上は「総吹き抜け」になっているということでした。

 

実際に不動産を購入した決め手について

不動産という、決して安価ではない資産を購入する際には、実に様々な決め手となる要素があります。例えば、その不動産に対してなぜか愛着が湧いてしまった場合や、その不動産の環境に惹かれた場合、或いは、その不動産のどこかに大変な魅力を感じるだけの要素があったかなどもありますし、実際にその不動産の価格が想定や相場よりも安かったことが決め手となる場合もあります。不動産には、それぞれの魅力や価値が秘められており、その不動産を持つ方によって、その魅力も様々に変化すると言えます。ですから、実際に不動産という高価な商品を購入する場合には、一時期の感情だけではなく、長くそれを所持した場合の事を考えて決める事が大切と言えるのです。